化粧下地の選び方

化粧下地選びがメイクの仕上がりを左右します

2016年08月26日 17時27分

■化粧下地選びがメイクの仕上がりを左右します
 
ひとこと『化粧下地』と言っても、その種類はさまざまあります。
ファンデーションは自分の肌色にあわせて、試しに塗って確認することができます。
ですが、化粧下地は肌に試しに塗ってみても、どれが自分に相応しい化粧下地なのか、
なかなか判断できません。
化粧下地選びがわからないという人も、多いのではないでしょうか。

そんな苦労する化粧下地選びですが、まずは自分の肌質をよく理解することが大切になってきます。
化粧下地は、自分の肌の欠点をカバーして、ファンデーションのノリをよくする働きがあるからです。
自分にピッタリの化粧下地を選ぶということは、肌メイクの仕上がりをキレイにすることと直結します。

まずおすすめの化粧下地は、イエローの化粧下地です。
イエローの化粧下地は、肌のシミやクスミを整えてくれます。
これをベースの化粧下地に使い、さらに肌質にあわせて化粧下地を組みあさせていくことがポイントです。

肌の赤みが気になる部分には、グリーンの化粧下地
血色が悪くて、くすんで見えるところには、ピンクの化粧下地がおすすめです。
ハイライト効果が欲しい部分には、ホワイト系の化粧下地を使うことで、肌が明るく見えてきます。

赤みや染み、毛穴など、肌の悩みを1度に解決したいという人には、
BBクリームを化粧下地にしてもいいかもしれません。
BBクリームは化粧下地だけではなく、ファンデーションとしても機能しますので、時短メイクにもなります。